組合員加入について

1.組合員になれる人
(当組合員資格)

1広島市水道局指定給水装置工事事業者で2年以上事業を継続していること。

2旧広島市配管工、給水装置工事配管技能者、配管技能士を1名以上常雇していること。

3管工事業の資格を有し、管工事業を自ら請け負う中小企業者で、次の各号に定める基準を満たす者であること。

  • 建設業法第3条の規定による管工事業の許可を受けており、組合員(組合加入暦5年以上)2名の推薦を受けた者
  • 前号のうち管工事業以外の業種を兼業している者については、管工事と配水管布設工事(付随工事も含む)の直近2か年の
    平均完成工事高が、売上高の5割以上である者
  • 第1号のうち内線修理を主たる業務としている者については、給水装置の申請を伴う工事の直前2か年の平均完成工事高が
    売上高の
    5割以上である者

2.組合員になるには

最低額として次の諸費用が必要になります。

内訳 金額 算定方法 備考
出資金 30,000円 10口分×3,000円 組合脱退時は返還します。
特別賦課金 600,000円 10口分 組合脱退時の返還は
ありません。
保証金 200,000円 10口分 組合脱退時は返還します。
出資金 830,000円 10口分 組合脱退時は返還します。

注)組合加入の最低出資口数は10口です。
(1口:3,000円)

3.組合員のメリットとは

下記のメリットに加えて、組合掛買枠の拡大や組合共同受注事業への応募、組合の利用度・出資金額に応じた配分など、
さまざまなメリットがあります。

4.組合員加入手続き

随時行なっております。詳細は、下記の組合事務局までお尋ね下さい。

組合員の方は
こちらからどうぞ