理事長挨拶

高原豊明 理事長

2021年ご挨拶

当組合は、1961年8月10日に設立され、
今年で60周年を迎えます。
名前の通り、広島市より上下水道工事店として
指定された
108店の業者の集まりです。
広島市民の皆様とは、日常生活における水を通して繋がっています。

業務内容は、お家を新築、増改築される時の水道とその排水工事、そして凍結や水漏れなどの緊急時の修理復旧工事などです。
また、広島市水道局と水道ライフラインの協定を結び、24時間365日体制で迅速な対応の責務を担っています。
もう26年前の事ですが、阪神淡路大震災の報を受け、急ぎ寝袋をもって余震の続く神戸へ、水道復旧のため、当組合員も広島から駆けつけました。最近では熊本地震、広島土砂災害、西日本豪雨など、水道ライフラインの復旧作業に尽力しています。
こうした自然災害が増える中で、2016年には、組合員の中から防災士を78名養成し、より災害対応の出来るよう組合の強化を図りました。

近年は、技術の継承、技能工不足、あるいは後継者不在など人口減少の動きによる影響を受けて業界も困窮していますが、当組合は、努力を怠らず一丸となり立ち向かうべく、地域社会に貢献できるよう研鑽を重ねる覚悟です。
新型コロナは、我々の生活や仕事の仕方を変えるかもしれませんが、世界的な動きであるSDGsを意識しながら、ハード面のみならずソフト面も、何より気持の部分を大切にして本業である水と向き合っていきます。

最後に、市民の皆さまにご意見ご協力をお願い致しまして、ご挨拶とさせていただきます。

広島市指定上下水道工事業協同組合 理事長  高原 豊明
㈱高原設備工務店 代表取締役社長)

組織概要

名称広島市指定上下水道工事業協同組合
所在地広島市西区商工センター8丁目3番27号
設立日昭和36年8月10日(1961年8月10日)
理事長高原 豊明(㈱高原設備工務店 代表取締役社長)
所属組合員数 【組合員】108社 【準会員】5社
【合計】113社(令和3年5月1日現在)
賛助会員数【賛助会員】51社(令和3年5月1日現在)
出資金30,906千円(令和3年3月31日現在)
役員数理事18名(うち員外理事3名)監事2名
職員数30名(事務局22名 牛田分室3名 安佐南分室3名 仁保分室2名)
電話番号 082-208-5877(総務)
082-208-5725(内線修理・メーター取替・穿孔工事)
082-208-5733(共同購買・排水審査・舗装工事)
082-223-5086(牛田分室)
082-873-2991(安佐南分室)
082-284-8118(仁保分室)
事業内容
  • 組合員の取り扱う材料の共同購買事業
  • 組合員への上下水道関連工事の共同受注事業
  • 組合員のための教育・情報提供事業並びに
    広報事業
  • 組合員の福利厚生に関する事業
  • 組合員のためにする産業廃棄物の収集運搬・
    積替え保管業
  • 組合員のためにする無料職業紹介事業など
取得資格 官公需適格組合(昭和51年12月22日)
認定職業訓練校(昭和53年8月2日)
特定建設業許可 広島県知事 許可
(特-29)第4600号
(許可業種:
土木 管 舗装 水道施設 とび・土工 塗装)
無料職業紹介業(平成27年7月16日)
厚生労働大臣届出受理番号:34-特-000110号

アクセスマップ

組合機構・組織図

組合員の方は
こちらからどうぞ